お昼寝のススメ

こんにちは!神戸 摂津本山校の木寺です。
朝晩涼しくなり、とても過ごしやすい季節になってきましたね♪

 

一方で、過ごしやすい季節だからこそ、心地いい気温になると
午後の授業でウトウト…、塾に来てウトウト…となってしまっていませんか?
だけど、家に帰ったらやることはたくさんあるし、毎日たっぷり睡眠時間なんて取れない…!

 

ぜひそんなみなさんにオススメしたいのが「午睡」すなわちお昼寝です!!!

 

実は、わたしが通っていた高校では「午睡タイム」というものがありました。
お弁当を食べ終えた頃に、優雅なクラシック音楽が全校に響き渡り、
静かに午睡タイムがスタートします。

 

午睡タイムの過ごし方は人それぞれでしたが、多くの人が目をつぶったり、
机にうつぶせになったりして、午後からの授業に備える時間としていました。

 

わたしも当時は、疲れや眠気を感じているときに、積極的に「午睡」を行っていた一人です。
午睡の効果は絶大で、午後からの授業はぱっちり目が覚めて授業を聞くことができました!

 

また午睡を取り入れたことで、
私の母校では東大や京大をはじめとする難関校への進学率がアップしたというデータもあるんです!!

 

最近では、昼寝を制度として導入する企業も増加しており、
お昼寝のもたらす効果が期待されています!

 

睡眠を研究している久留米大学の内村直尚教授は、昼寝の効果を以下のように述べています。(*1)

・注意力・集中力・記憶力UP
・勉強や仕事の効率が上がる
・高血圧や糖尿病の予防
・心臓病による突然死のリスク減
・高齢者の認知症予防
・ダイエット効果がある
・美肌効果がある
・夜の睡眠の質が高まる

集中力を上げることができるだけでなく、病気の予防や美容にも効果があるとは、
いいことづくしですよね♪

 

お昼寝を行うときは、深い睡眠にならないように、
15分程度(30分以上はNG!)
椅子に座って寄りかかったり、机にうつぶせたりする姿勢がオススメです!

 

目をつぶるだけでも効果的なので、
疲れたときやこれから集中したいときに、ぜひこのお昼寝を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

参考文献