「先生たちとの会話の中で初めて、「受験を頑張りたい、第一志望校に合格したい」と思えました」

K高等学校
S.R.さん
校舎名
国立校
合格校
早稲田大学文学部
早稲田大学社会科学部
早稲田大学教育学部英語英文科
入塾時期・期間
高校2年生12月から16ヶ月
入塾前の偏差値
55くらい

卒塾生の声

  1. <入塾前のご自身の成績や勉強状況はいかがでしたか?>

定期テスト対策だけはしっかりやり学校の成績はよかったのですが、全国模試では英語以外全く通用しませんでした。

 

  1. <入塾前はどんな生活を送っていましたか?>

受験は全く意識しておらず、定期試験の勉強しかしていませんでした。

 

  1. <入塾後、どのような目標設定をされましたか?そのエピソードを含めて教えてください>

早稲田大学文学部に合格するため、特に国語を伸ばしたいと思っていました。塾でやった4冊の参考書で現代文が読めるようになり、模試の成績も少しずつ確実に上がっていきました。

 

  1. <入塾後に自分自身変わったと感じることは何ですか?>

塾の先生達との会話の中で初めて「受験を頑張りたい」「第一志望校に合格したい」と思えました。

 

  1. <坪田塾で印象に残っている、教室での出来事や先生とのエピソードを教えてください>

受験まであと3ヶ月しかなく世界史が間に合わないと焦っていた時に、先生が「あと3ヶ月、まだまだ伸びるよ」と仰ってくださったので、気持ちが楽になり諦めずに頑張ることができました。また、英語は3教科の中では自信がありましたが、塾での膨大な量の演習問題で更に鍛えられ、長文を読むのがとても早くなりました。受験当日になっても自分としては世界史は不十分な仕上がりで、現代文も学部により出来にムラがありましたが、先生に言われていた通り、塾で鍛えられた英語が底上げをしてくれたと思います。

 

  1. <最後に、志望校に合格した喜びの声を聞かせてください。また、坪田塾の後輩へ一言メッセージをお願い致します>

合格することができてとても嬉しいです。

今日、入学前の選択科目登録の準備をしていたのですが、第一志望大学の一番行きたい学部に合格できたので、どの科目も興味深く受けたいものばかりで、授業が始まるのが楽しみで仕方ありません。そういう意味でも受験勉強を頑張った甲斐があったし、勉強へのやる気を起こさせてくれた先生方には本当に感謝しています。

 

これから受験勉強を頑張る皆さんへ

最初のうちは受験を甘く見ないことが大事で、中盤から終盤にかけては諦めないことが一番大事だと思います。私自身、とても辛くやめてしまいたいと思うことも沢山ありましたが、合格することができた時はとても言葉には表せないような喜びと達成感を感じ、頑張って良かったと思えました。自分の目標を諦めず頑張ってください!!!

保護者の声

  1. <保護者の方から見て、入塾前のお子様の勉強姿勢や普段の生活の過ごし方はいかがでしたか?>

    高校自体がのんびりした校風で、本人も受験に対して呑気に構えていたようです。

 

  1. <保護者の方から見て、入塾後にお子様が勉強姿勢や普段の生活で変わったように感じることはございましたか?>

坪田塾に通い始めてから、自信を持って高い目標も視野に入れられるようになり、受験勉強にしっかり向き合えるようになりました。

 

  1. <保護者の方から見て、坪田塾が良かったと思う点を教えてください>

子供から「先生達を見ていて『将来ここで働きたいな』と思った」という話を聞いて、とても素敵な先生方なのだと思いました。

また心から子供に接していただいているのを子供の話から感じていましたので、とても感謝しております。ありがとうございました。

 

  1. <最後に、どういった方に坪田塾への入塾をお勧めしたいか教えてください>

娘のように、自分に自信がなく、積極的に夢や目標を持てないお子さんにはとてもよい塾だと思います。