12月になりました

こんにちは、名古屋 車道校の中野です。

 

いよいよ12月。

つまりセンター試験まで50日を切ったということです。

坪田塾において、12月は一つの区切りです。

「現実」を見始めます。

 

これまで塾生のみなさんは、

志望校を目指して日々それぞれの教科の学習を、家での予習、塾での質問やチェックテスト、

家での復習を繰り返し、先生たちもそんな皆さんを励ますために、アメと鞭を使い分け、

いろんな言葉をかけてくれたと思います。

 

そして、12月。

センター試験50日前。

これからは、上で述べたように、「現実」(模試や過去問の結果)をふまえて、

「今年はここは無理」、「ここなら受かりそう」、「最低限ここは受けておけ」など、

敢えて容赦のない言葉をはっきりとかけていくことになります。

 

ここで、センター試験の受験について少しお話しします。

坪田塾では、センター試験は国公立を志望する生徒さん以外にも、

基本的に全員に受けるように伝えています。

9月頃先生たちに「申し込めよー」と言われたと思います)

 

その理由は、以下の三つです。

 

① 国公立受験だけでなく、センター出願の私立受験で必要

② 受験本番の初っ端の試験という重要性

③ 万が一どこにも受からなかった場合の、私立の後期受験で必要

 

その上で、12月はまず塾での作業は『センター試験の準備』にその主眼が置かれます。

いま学習中のテキストはいったん打ち切ってでも(個別に特別な場合は除いて)、

センター試験の対策を行っていきます。

 

センター試験はマーク式の選択問題ですが、だから簡単というわけではなく、

生徒の中にはむしろ、記述よりマーク式の方が苦手、という子もいるくらいで、

得点するにはそれなりの練習が必要です。

 

これから50日間、残り少ない時間とも言えますが、「まだ50日ある」と思うこともできます。今日(これを書いているのは12月1日です)から50日前と言えば、1010日ごろになるわけですが、その頃皆さんは、何をしていたでしょうか。

 

できるだけ細かく思い出してみてください。

 

…どうですか、ずいぶん前のような気がしませんか?

 

実はまだ、いまからセンター試験の本番までそれと同じ時間があります。

あとは使い方です。

 

今月22日から、坪田塾でも冬期講習が始まります。

可能な限り塾に来ることをお勧めします。なぜなら結局、家で全力で集中できる子なら、

そもそも塾には来ていないからです。

 

受験生の皆さんには文字通りのラストスパート。

そして、来年、再来年受験生の皆さんは、そんな先輩達の姿をしっかりと見ていてくださいね。

 

1分、1秒でも惜しむことなく、今まで積み上げてきたものをぶつけてください。

先生たちは最後まで支えていきます。