記念日

皆さんこんにちは!名古屋 車道校講師の高橋です。

 

だんだんと涼しくなり、秋らしくなってきましたね。
私は四季の中でも秋が大好きです。
涼しい風が気持ちよくて、食べ物も美味しくて、
なんだかゆったりと過ごせる気がします。

 

今回は、「記念日」をテーマにお伝えしようかなと思います。
「記念日」とは、辞書で調べると
「何らかの物事や過去の出来事を記念する日」とあります。
なぜ記念日をテーマにしようかと思い立ったかといいますと、
私の周りに10月10日が誕生日の人がとても多いからなんです。
私の兄からはじまり、仲の良い友人が5人ほど。
これってなかなか多くないですか?(*ʼ▽ʼ)

 

誕生日といえば代表的な記念日の1つですが、
今回はなんでもないような1日がちょっとした記念日に変わる
というお話をさせていただこうと思います。

 

先日、こんな出来事がありました。
ある生徒に英語のテストを返却した時に、点数をみるなり
「先生、私すごくない?」と言ってきました。
なぜでしょうか。

 

もしかしたら満点を取ったのかなと想像された方もいらっしゃるかと思いますが、
そのテストは満点ではありませんでした。

 

その子は満面の笑顔でこう話してくれました。
「先生、私、時制のところ、全然分からなかったのに、できるようになってる!
先生、これすごくない?」

「あ、確かに!今まで出来なかったところがたくさんできるようになってるね。
これすごいことだよね!
このテスト、〇〇ちゃんが頑張って成長したっていう証として
写真撮っていい?」

「いいよ!なんか私より先生の方が感動してるね笑 私もあとで写真とっとくー!」
と2人でテンション高く、この時間を過ごしました。

 

満点を取ったわけではないけれども、
その子にとってはとても大きな成長を遂げた瞬間でした。
2人で共有したことで、この日が成長のあかしの日になりました!

 

日常の変化はもしかしたらとても小さいものかもしれません。
だけれども、その変化に気づいてお互いに共有するならば、
とっても嬉しく楽しい時間に変化します。
これは一種の記念日といえるんじゃないかなと感じました。

 

この生徒の成長を感じるたびに感動している日々なのですが、
いつかこの子が壁にぶつかったり悩んだりした時には、
今回の答案の写真を見ながら
「あの時こんなに成長できたね!って2人で話したよね。
これだけの可能性と乗り越える力のある〇〇ちゃんなら大丈夫だよ!」って
力強く話してあげたいなとひそかに思ってます(*^▽^*)

 

この生徒とはその後
「これからも、これはよくできたと思う答案は記録していこう!
それであとで振り返ったらすごくない?笑」
「先生、それヤバいね笑」
と今後の作戦も練ったので、続けてベスト答案集を作成していこうと思います。

 

みなさんも生活の中で、ちょっとした記念日を探してみてはいかがでしょうか。
そして、何気ない日常をちょっと嬉しい一日に変えてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、日本記念日協会によると10月19日は「ほめ育の日」だそうです。
大切な人や自分への「1日1ほめ」でほめ言葉であふれる毎日を
という願いが込められているそうです。

 

先月に行なわれた保護者様向けセミナーでも
「ほめること」についての話がありましたが、
この機会に「ほめ育」もあわせて実践してみてはいかがでしょうか。

 

皆様の何気ない日常の中で、嬉しい記念日があふれることを願っています☆