一流の結果を出すために

こんにちは。名古屋 千種・赤萩校 講師の高橋です。

9月に入り、少しずつ涼しくなってきましたね。

みなさま、夏期講習はいかがだったでしょうか。

普段よりも勉強時間が増え学習習慣がついてきたなと感じている人も、
やっと夏期講習が終わった〜とホッとしている人もいますよね。

しかし、感じ方はどうであれ、ここで終わりではありません笑

夏期講習はあくまで通過点、ここから入試に向けてさらに加速しないといけない時期に入ってきました。

夏期講習ではきっとみなさん大きく成長したことと思います。

より良い学習の習慣づけもできたのではないでしょうか?

ちょっと気を抜きたいところかもしれませんが、せっかく良い学習習慣をつけたなら、続けていけたらベストですよね^ ^

そんなみなさまにメジャーリーグでも活躍していたイチロー選手の名言をいくつか紹介したいと思います!

イチロー選手の言葉は、一流の結果を出すためにどのように日々取り組んでいたのか、

本番に強くなるためにはどうしたらいいのか等、

入試を戦う上でも置き換えられる秘訣がたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください!

やれることはすべてやったし、手を抜いたことはありません。
常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して、
準備した自分がいたことを誇りに思っています。

どんなに気持ちが揺れていても、いつもどおりの作業をすることで、
自然にバッティングの気持ちに切り替えることができるんです。
僕にとってはいつもどおりにすることが
プレッシャーに対処するための唯一の方法ですね

毎日、毎日の積み重ねは小さいことのように感じられますが、
その一歩一歩を全力で歩むことが大切ということですね。

結果を出している人の言葉には重みがありますよね。
それでは、最後にもう一言だけお伝えして、みなさまへの激励としたいと思います^ ^

小さなことを積み重ねるのが、
とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。