「とりあえずやってみる」の法則 ~やる気が出ないあなたへ~

こんにちは!東京 本郷三丁目校、講師の山田です。

4月になり、心晴れやかに、新生活がはじまった人もいると思います。 

何か「新しいこと」をはじめるのに、ちょうどいい季節ですね。 

 

新しい1年に心がウキウキ。「やる気」がメラメラ。 

 

しかし、4月を超えて、5月、6月、7月…と 

月を重ねるごとに、その「炎」が、だんだんと小さくなっていく…。 

「やる気」がみるみるなくなっていく…。 

そんな経験をしたことがある方もいると思います。 

 

心の中では「ああ!こんな怠けてないで頑張らなきゃ!」と理解しつつも、 

なかなか行動に移せない… 

そんなこともあるかと思います。 

 

そんなとき、心の中で叫んでほしい、この一言! 

 

「とりあえずやってみよう」 

「やりたいかやりたくないかは、やってみてから決めよう」 

 

これです! 

魔法の言葉です。 

 

(例)家に帰ったら宿題をやらないといけない 

…でも、なかなか自分の机に向かえない、だるい、寝たい… 

そんなときは、 

まず、無理やりにでも、宿題のページをばっと開く! 

(↑ここは頑張りどころ!) 

そして中に書かれていることを読む! 

 

そうすることで、頭の中では、 

それまでにはたらいていなかった、別の思考回路が動きはじめます。 

 

「ああ、こんなことやったなあ」などと、 

頭の中にぶわっと色々な考えが巡ってきます。 

 

そして、数分後には、勉強する体制になっている自分がいることに 

気付くはずです。 

 

行動に移すことで得られるエネルギーは 

想像を超える、素敵なはたらきをしてくれます。 

 

やる気が出なくて困っているのであれば、 

「とりあえずやってみよう」のことばを 

使ってみてください!