夢を実現するための冬期講習の過ごし方

こんにちは。名古屋 星ヶ丘校の羽田野です。

いよいよ12月。センター試験まで、残り一か月となりました。

 

そして、高校2年生のみなさんも、

一年後は、センター試験に向けて、過去問をどんどん解きまくっている時期です。

 

今年ももうすぐ終わりです。一年が過ぎるのはとても早いですね。

 

さて、みなさんの中では、

「冬休みになったら頑張ろう」「来年から頑張ろう」

「明日から頑張ろう」「受験生になったら頑張ろう」などと、

やらなければいけないのは分かっているけど、つい、後回しにしていることはありませんか?

 

でも、受験本番の日も、その前日も、そして今日も、

一日はいつでも誰にでも平等24時間です。

 

そして、多くの場合、学習の成果が結果となって表れるのは、しばらくたってから

だったら、今この瞬間から行動を起こした人が勝ちです。

 

なぜなら、結果が出るのも、その分、ほかの人よりも早くなるからです。

 

先日、あの『ビリギャル』本人である小林さやかさんから、

『ビリギャル流 夢を実現する方法』を

教えていただいたので、その一部を特別にご紹介します。

 

その方法とは、ズバリ、「何かを死ぬ気で頑張ること」です。

 

さやかさんご自身、慶應大学に合格することを周りの友達に公言し、

紙に大きく書いて机の前に貼り、毎日頑張っていたそうです。

 

一方で、「最近はそれができない生徒さんが多い、そうやって逃げ道を作っている時点でダメ。」ともおっしゃっていました。

 

さらに、実際に慶應大学に合格し、今ではフリーのウェディングプランナーとして働くさやかさんは、

世界で一番努力しているという瞬間を感じてほしい。

その経験があるとないとでは、社会人になってからが全然違う。」

ともおっしゃっていました。

 

みなさんの中には、もしかしたら、

「さやかさんは、もともと頭が良いから、慶應に合格したんだ。」

と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、実際はとてつもない努力の積み重ねがあったからこそ、

合格できたのです。

 

「無意識に一日15時間勉強していた。」

「寝る前に、『慶應に合格しますように』とお祈りをするんだけど、

合格している自分の姿が見える。」

 

これは、さやかさんだから特別、なのではなく

これを読んでいる誰もが成しえることなのです。

 

みなさんも、

「何かを死ぬ気で頑張った」

「世界で一番努力した」

「無意識に一日15時間勉強していた」

 

そんな冬期講習にしましょう。

講師一同、全力でサポートします!