menu
高校生の個別指導のポイント
「最後に通う学校」が決まるのが、この高校生活です。自分の夢が叶えられるのか、選択肢は多いのか、それが決まるからこそ志望校の選定、受験校の決定から進学先の相談までプロが徹底サポートします。
志望校の傾向や配点にあわせた大学受験対策
”子別の””個別”だからこそ各志望校別の対策を行います。
あらゆる入試制度に対応
推薦入試・AO入試・小論文・面接・海外の大学入試対策・英検などの各種検定試験対策などのあらゆる入試制度に対応しております。志望理由書の添削指導、面接の応対指導も1対1で行います。
夢や目標の設定もサポート
坪田塾は卒塾生や全国の学校との連携(ガクラボ)により、職業や学校別の情報がたくさんあります。よって、その子の将来をみすえた進路設定をサポートします。
個別だから忙しい生徒にも柔軟に対応
平日21:40までの間、自由にスケジュールを合わせて授業決定が可能です。
全教科に対応しています!
得意科目を伸ばすのも、苦手を標準以上にするのも豊富な経験があります。
「単語」「リスニング」「長文読解」「和訳」「英作文」「速読」ができるようになる。
生徒別、レベル別でテキストが数十種類ございます。受験英語が、TOEIC・英検・TOEFLなどにも直結します。
「国語」の勉強の仕方を知っている人は少ない
「語彙力」をつけ、段落ごと、文ごとの分析を行い、時代背景を知り、接続語をヒントにする。
国語力は全ての学力に直結するからこそ、王道の学習を行います。
「着眼点」「公式の理解」「課題の読みとり」を重視
公式を知っている、パターンを知っているのは当然の状態にして、いかに「着眼点」を持つかを重視。
数学はただ繰り返したり、演習量を増やしても点数にはなりません。
「暗記」と「演習」
数学が2500のパターン暗記を必要をするなら、理科は300。 それほど多くないからこそ、ここは効率良く暗記と演習でカバーします。
「部分」と「流れ」を両方からおさえる
歴史、地理、公民のそれぞれの特色を知っているからこそ、教科選択のアドバイスから行います。
社会は「暗記教科」ではありません。もっと良い方法があります。
それは部分と全体の流れを相互に把握すること。
Copyright© Tsubotajuku.inc All Rights Reserved.

pageup